1. コンサル案件.COM
  2. コラム一覧
  3. フリーコンサルタントに英語は必要か

フリーコンサルタントに英語は必要か

英語が読み書き、とくに話せることはもはや実業界では必須の武器となってきていますが、コンサルティングの世界でも当然できることがプラスに働くことになります。
とくにフリーコンサルタントとして働くことを考えた場合には英語ができることが必要かどうかが非常に気になるところです。今回はそんなフリーコンサルタントに英語が必要かどうかについて考えてみたいと思います。

結論から言えば英語ができるほうがビジネスは広がり報酬単価は上昇

フリーコンサルタントの場合、身に着けたあらゆる武器を駆使してビジネスを行っていくことが求められます。
あとにも先にもすべてのプロセスを1人で完結させなくてはならないわけですから、自分だあらゆることができることが理想となります。
そういう意味で英語ができるほうが確実にフリーコンサルとしてのビジネス獲得チャンスが増えることになるのは間違いありません。
またタイムチャージフィーの単価も英語を使うプロジェクトなどの場合は、確実に高い金額を要求しても承認されることになりますから、身入りという点から考えても英語ができることは有利になります。
1時間あたり400ドル、500ドルといった高額な単価を請求するのであれば、英語ができることはもはや当たり前ともいえる状況です。
ただ、英語といってもビジネスに使えれば言い訳ですから、実際に使える英会話能力があればそれで十分なのです。ここで言う英語とは英語でビジネス会話ができ、議論ができるということで、テレカンファレンスなどでも話ができることが望ましいものとなります。聞き取ることができれば、しゃべるほうは本当に中学か高校の初頭英会話でも十分にワークします。相手が何を言っているのかがわかればたいていのことは説明できますから、最低限そのレベルの英語力はやはり備えておきたいところです。

国内企業は支払いの問題などから源泉徴収が必要となるフリーコンサルタントを避けるケースもありますが、海外の企業の場合ほとんどがまったく抵抗感なくフリーコンサルを利用してくれます。
またクラウドソーシングなどによるテレワークとして国内にいるコンサルを利用する欧米系企業も登場してきていますので、やはり英語ができるとビジネスチャンスは大きく広がることになります。
一度プロジェクトで利用してもらった場合にはまた直接クライアントから声がかかるといったこともありますので、コンサルとしてのCRMにも英語は役にたつものといえます。

ビジネスで過不足ない英語力を発揮するなら最低TOEIC800点は目指そう

外資系のコンサルティングファームなど日常的に英語で仕事をする機会に恵まれなかった国内のコンサルファーム出身者にとっては英語が使えるようになるのはかなり敷居の高いことかも知れません。
しかし英語ができるというだけでかなりビジネスチャンスが広がるわけですから、やはり努力して一定のレベルを身に着けることがお勧めとなります。
実際に英語で仕事をしようとする場合TOEIC700点レベルではかなり厳しく、最低でも過不足ない英語力を発揮するためには800点以上を獲得するつもりで勉強されることが必要ではないでしょうか。

多くの日本人は読むほうは比較的無理なくクリアできるようですが、ドキュメンテーションには独特の英語表現がありますので、このあたりも精通してレベルの高いパワーポイントを仕上げることができれば評価は高まります。
日常的なコンサル業務には英語は必須というわけではありませんが、コンサルタントと気軽に利用するのは国内系の企業よりは外資のほうが圧倒的に多くなりますから、英語のことで仕事を失うことがないように一定のレベルは身につけることを真剣に考えることをお勧めしたいと思います。

Copyright© 2013 コンサル案件.COM All Rights Reserved.