コラム-フリーランスの節税対策|コンサル案件.COM

コラム|コンサル案件.COMではフリーコンサルタント、独立会社所属のコンサルタントに
PMO、ERP、SAP、BPR、戦略系等の高額案件を紹介します

  1. コンサル案件.COM
  2. コラム一覧
  3. フリーランスの節税対策

フリーランスの節税対策

コラム詳細 フリーランスはいわゆる企業とは違う個人事業主ですから、収入に対しどこまでをコストとして参入するかで課税対象になる金額も大きく変化することになります。
今回はコンサルタントを強く意識したフリーランスの節税対策について考えてみたいと思います。

■オフィスをもつか自宅をオフィスにするかでもコストはかなり違う
コンサルタントというと一等地にオフィスを構えてビジネスするのが半ば当たり前というイメージがありますが、実際はほとんど客先で働くことが多く、自らのオフィスに人が訪ねてくるというのはフリーランスの場合には本当に数えるほどしかないのが実情です。
立地だけ考えればレンタルオフィスというのもありえますし、なにより自宅の一室をオフィスとして利用することで本質的なコストを下げるというのもひとつの方法になります。
もちろんオフィスを構えればそのコストは経費として落とすことができますが、果たしてそれが節税対策になる適切なものなのかどうかはしっかり考える必要がありそうです。
余分なコストをかけることは節税とは別の意味があるということは最初からきちんと認識する必要があります。テレワーカーという働き方も増えていますので、自宅のオフィス部分のコストと光熱費を切り出して確定申告時に経費として申請するのも余分なコストを書けない節税の大きなポイントになります。


青色申告は節税の近道

ビジネスコンサルタントの場合、経費で処理できる項目はそれほど多いわけではありませんので、確実な節税を実現するなら制度に依存することがまず最初の一歩となります。
そのひとつとなるのが青色申告特別控除です。個人事業主が自分で帳簿を作成・管理することで、最大65万円の控除を受けられるのが青色申告となります。
ただ、複式簿記による記帳が必要となりますので、自分でやらずに税理士に任せるという方法もひとつの選択肢です。

■専従者控除
ひとつフリーランスのコンサルタントで検討しておきたいのが専従者控除です。 専従者控除というのは、配偶者もしくは親族に対して支払う給与分が控除されるもので、現実問題として経理やスケジュール管理、請求書発行業務など煩雑さをきわめる業務プロセスを家族に依頼することで報酬を給料として支払うという手は十分に考えられます。
ただし、配偶者に依頼した場合には金額次第では配偶者控除が得られなくなるだけでなく、配偶者のほうにも所得税がかかることになりますので、トータルで見て節税になるのかどうかはよく考える必要があります。


保険を利用することで控除額を増やす

コラム詳細 控除額を増やして、しかもメリットのあるものといえば保険の加入が考えられます。
たとえば小規模企業共済などに加入すうれれば、自分でタイ植菌を積み立てておくことができるようになります。
小規模企業共済の掛け金は、月当たり1000円から7万円の間で自由に設定でき、その全額が控除対象になります。
掛け金については加入後に変更も可能になりますので、節税を考えるならばこうした保険に加入して加入料をすべて控除の対象にするという方法はかなり有利なものといえます。
また国民年金に加入する方法もありますが、ご案内のとおり運用益はかならずしも芳しいものではありませんから節税にはなってもあとあとプラスになるかどうかはよくわからないのが実情です。
むしろ確定拠出年金に絞ることで控除対象を確保するということも考えられます。 このあたりは収入との見合いでどれが適切かかなり研究する必要がありますので、単純に選ばずに自分にもっとも適したものが何なのかを考えるようにしましょう。
コンサルタントたるもの自分のビジネスでも常にベストプラクティスを考える必要があるのです。


コンサル案件.COMのプロジェクト案件例

  • 事例1

    ■案件概要
     ・大手保険会社プロジェクトPMOを支援
    ■求める人材
     ・コンサルファームでのPMO経験
     ・要件定義、大規模なシステム構築経験
     ・保険関係の知識(尚可)
    ■勤務地:
     ・東京
    ■予算
     ・120万~150万/月

  • 事例2

    ■案件概要
     ・外資系事業会社の事業計画作成支援
    ■求める人材
     ・戦略系コンサルファームでの経験
     ・事業計画書作成の経験
     ・英語ビジネスレベル
    ■勤務地:
     ・都内
    ■予算
     ・~130万/月

  • 事例3

    ■案件概要
     ・SAP導入プロジェクト
    ■求める人材
     ・SAPシステム導入の基本設計の経験
     ・クライアントとのコミュニケーション
     ・英語ビジネスレベル
    ■勤務地:
     ・都内、地方(大阪、名古屋など)
    ■予算
     ・~150万/月

  • 事例4

    ■案件概要
     ・製造業におけるシステム構築の要件定義
    ■求める人材
     ・システムの要件定義、基本設計、開発の経験
     ・テスト計画書・移行計画書の作成経験
     ・パワポ等のドキュメント作成が得意な方
    ■勤務地:
     ・都内
    ■予算
     ・~100万/月


コンサル登録


職種から探す

ページのトップへ戻る