1. コンサル案件.COM
  2. コラム一覧

コラム一覧

デジタルとどう向き合うかはコンサルの大きな課題に

【2017.04.22】
デジタルとどう向き合うかはコンサルの大きな課題に

デジタルビジネスというものがかなり大きなボリュームを占めるようになってきており、ビジネスコンサルが企業のビジネスプロセスやアクティビティを考える上でもきわめて重要な領域にさしかかってきていることは間違いありません。
外資系のビジネスコンサルティングファームではデジタルビジネスの部門を設立したり、デジタル系の広告代理店を買収するような動きもでていますし、当の広告代理店サイドデジタルに特化したマーケティング会社を …[続きを読む]

コンサルもパブリッククラウドに精通すべき時期がやってきた

【2017.04.14】
コンサルもパブリッククラウドに精通すべき時期がやってきた

クラウドというサービスビジネスが日本でもスタートしてから既に10年以上の月日が経過し、エンタープライズ系のクライアントでもその多くがクラウド利用を検討するような時代が到来してきました。
しかし国内ではセキュリティ上の問題などからパブリッククラウドよりもプライベートクラウドを …[続きを読む]

国内IoT市場は想像以上に拡大中〜コンサルには正しい市場認識が必要

【2017.04.07】
国内IoT市場は想像以上に拡大中〜コンサルには正しい市場認識が必要

メディアなどではかなり話題になってきたIoTですが、実際の国内市場ではまだまだ実験段階という認識をお持ちのコンサルの方も多いことと思います。
しかしIT調査会社のIDCの直近のレポートを見ますと、国内でも積極的にIoT に対する投資がはじまっていることが …[続きを読む]

クラウドの利用拡大でPMOの仕事自身が大きく変わる

【2017.03.31】
クラウドの利用拡大でPMOの仕事自身が大きく変わる

IT市場ではこれまでマーケットで優勢を誇っていたオンプレミスでの実装プロジェクトから徐々にクラウド利用によるITの 短期稼動が増加するようになってきており、従来からのPMOの役割も大きく変化しようとしています。
システムに必要な機材をすべて購入し、オンプレミスで立ち上げて稼動させるという仕事ももちろん内容次第で難易度が高く、 …[続きを読む]

クロネコヤマトに見る損益分岐点設定の難しさについて

【2017.03.25】
クロネコヤマトに見る損益分岐点設定の難しさについて

巷ではクロネコヤマトが宅配便の受注を抱え込みすぎて取引効率が著しく低下し、従業員の労働環境も悪化するとともに利益が下落するという厳しい事態に直面していることが話題となっています。
本来業務ボリュームが増えれば事業規模を拡大して対応すれば間違いなく売り上げも利益も増大すると思われていた宅配事業は一定量を超えた業務引き受けで著しく生産効率を下げ、しかも収益悪化も …[続きを読む]

フリーコンサルタント無料登録

Copyright© 2013 コンサル案件.COM All Rights Reserved.