コラム一覧|コンサル案件.COM

コラム一覧|コンサル案件.COMではフリーコンサルタント、独立会社所属のコンサルタントに
PMO、ERP、SAP、BPR、戦略系等の高額案件を紹介します

  1. コンサル案件.COM
  2. コラム一覧

コラム一覧

フリーランスの節税対策

【2018.1.19】フリーランスの節税対策
フリーランスの節税対策

フリーランスはいわゆる企業とは違う個人事業主ですから、収入に対しどこまでをコストとして参入するかで課税対象になる金額も大きく変化することになります。今回はコンサルタントを強く意識したフリーランスの節税対策について考えてみたいと思います。 …[続きを読む]

【最新技術】ブロックチェーンについて

【2018.1.4】
【最新技術】ブロックチェーンについて

最近仮想通貨への投資が異常とも思えるほど話題になってきていますが、この仮想通貨を支える技術となっているのがブロックチェーンと呼ばれる新たな仕組みになっています。すでにコンサルティング業界の領域でも注目されるこの最新技術について今回はご紹介いたします。そもそもブロックチェーンとは …[続きを読む]

フリーランスと派遣の違い

【2017.12.25】
フリーランスと派遣の違い

フリーランスと派遣はどんなところに違いがあるのでしょうか。企業のために働くという意味では似ているような気がしますが、実はかなり異なるものがあります。フリーランスというのはひとくちで言えば個人事業主で一人の会社のような存在ですから派遣に比べれば収入を大きく増やすこともできますが、逆に企業経営と同じように大きなリスクを背負ってビジネスを行っているという自覚が必要に …[続きを読む]

コンサルに学歴は必要か

【2017.12.21】
コンサルに学歴は必要か

コンサルタントに学歴は必要かという問題は業界内でも話題にはなるものです。一般的にビジネスコンサルティングの世界では、タイム&マテリアルでかなり高い金額を請求するということもあり、投入されるパートナークラスからシニアマネージャー、マネージャーなどの主要な人間については一応学歴や業務経験がクライアントに開示されることになりますので、コンサルファームとしてお金を請求しやすいのは一定以上の学齢をもった人間ということになります。 …[続きを読む]

フィンテックとは

【2017.09.27】
フィンテックとは

ここ数年金融市場にフォーカスしたITのソリューションをフィンテックという言葉が大流行しています。これは英語のファイナンスとテクノロジーを合わせた造語であり、日本語ではIT技術を使った新たな金融サービスと定義することができます。このフィンテックの多くは決済技術を含んでおり、モバイルを使った決済などはその典型的な事例として紹介されてきました。また国内では電子家計簿の …[続きを読む]

外資コンサルファーム出身の著名人

【2017.09.20】
外資コンサルファーム出身の著名人

国内では、外資系コンサルファーム出身で非常に名声を高めた人物が多数存在しますが、その中でも特に顕著な5名をピックアップしてご紹介することにします。
■大前研一
国内でコンサル出身の著名人としてまず名前が挙がるのが大前研一氏といえます。早稲田大学理工学部卒業後、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号を取得。 …[続きを読む]

コンサル会社の働き方改革

【2017.09.13】
コンサル会社の働き方改革

働き方改革が広範な業種で検討されるようになっていますが、コンサル業界も例外ではない状況です。ただ、意外に決め手になるのが少ないのもまたこの業界の特徴でバックオフィスの業務改革は進んでも、プラクティスと呼ばれるコンサルタントの世界での働き方改革を実現するのはかなり難しいのが実情のようです。 …[続きを読む]

事業計画書の作成の注意点

【2017.08.27】
事業計画書の作成の注意点

起業を行うためには、しっかりとした事業計画をたて、ステークホルダーや協力者にその内容を確実に伝えて協力を得ることが重要になってきます。これは既存の企業内における新規事業に乗り出す場合でも同様で、利害関係のある人間にいかにその内容を伝えるかはきわめて重要です。その第一段階にあるのは事業計画書の策定ということに …[続きを読む]

外資系コンサルの資料作成能力

【2017.08.20】
外資系コンサルの資料作成能力

外資系コンサルファームでコンサルタントとして働き始めると、まずかなりびっくりするのがドキュメンテーションに細かなレギュレーションが設定されており、すべてのコンサルがそれに基づいて書類を作成していることです。これは英語、日本語にかかわらずほとんど同じようなレギュレーションがグローバルで決められていることから …[続きを読む]

少子高齢化社会を勝ち抜くビジネスとは

【2017.08.05】
少子高齢化社会を勝ち抜くビジネスとは

国内ではかなり以前から少子高齢化が進むことは予測されていましたが、ここへきて生産労働人口がかなり顕著に減少を始めていることから、あらゆる産業の労働力不足がはじまりつつあります。足元では働き方改革なども推進されはじめていることから、人手不足を限られた人間が余分に働いてなんとかするわけにはいかなくなってきていますし、国内では移民を受け入れるのにもさまざまな問題があることから米国のように簡単には行かない部分が残されています。 …[続きを読む]

フリーコンサルがこの夏読んでおくべき書籍について

【2017.07.24】
フリーコンサルがこの夏読んでおくべき書籍について

ここところコンサル業界ではかなり新しいターミノロジーが多数登場してきており、実際にコンサルの領域でも新たな人材が登用されたりこうした名称のコンサル案件が登場するようになってきてます。そういう意味ではフリーランスのコンサルタントも確実に知っておかなくてはならない新たな領域が存在しています。今回はそんな内容の理解を深められるような書籍を数冊後紹介 …[続きを読む]

10年後のコンサル業界に必要とされるケイパビリィティ

【2017.07.21】
10年後のコンサル業界に必要とされるケイパビリィティ

普通にしていても市場におけるThought Leadershipの内容はかなり毎年新しいものが登場するコンサルティング業界ですが、10年後この業界を考えますと大きく変化を求められるケイパリビティとなりそうなのがIoTとAIの領域に関するものです。足元では実業界から投資マーケットにいたるまでIoTやAIは大変な注目を集めるようになっていますが …[続きを読む]

大手コンサルファームの年収について

【2017.07.13】
大手コンサルファームの年収について

今回は国内で働く多くのコンサルタントの方がもっとも気にされていると思われる大手コンサルファームでの年収について語ってみたいと思います。まず大手コンサルファームと一口にいいますが、国内系の企業と外資系とではその給与は結構異なるものになります。 …[続きを読む]

国内でRPAのコンサル体制を急速に整備し始めている外資系ファーム

【2017.07.10】
国内でRPAのコンサル体制を急速に整備し始めている外資系ファーム

このコラムでも足元のコンサル市場でのトピックとしてRPAに注目が集まりつつあることはすでにお知らせしていますが、ここへきて外資系のコンサル各社が本格的に国内企業用のRPAコンサルの体制を整えるべく整備をはじめていることが注目されます。改めてRPAについてまとめてみますと、 …[続きを読む]


コンサル登録


職種から探す

ページのトップへ戻る